バローズと法人のお客様について

バローズと法人のお客様について

バローズは、法人のお客様に対しても、積極的に太陽光発電システムを販売している。

バローズが法人のお客様に選ばれる理由には、節税の対策、事業継承の効率化対策、収入の安定確保、企業イメージの向上があげられる。

節税の対策としては、事業用太陽光発電システムで設備認定を受けた10kw以上の出力を持った設備については、グリーン投資減税の対象となり、企業の節税に大いに貢献する。

事業継承の効率化対策では、設備を設けたことによる初期費用による利益が圧縮されるために、自社株の評価額を下げることが可能となり、その際、自社株を後継者に継承する場合、事業継承を効率的に行うことが可能である。

収入の安定確保とは、発電した電力を全量固定価格で20年に渡って買い取ってくれる制度により、簡単に収入をシュミレーションができ、安定的な確保が可能となる。

採算シュミレーションとして、40kwの設備を1600万円で取得した場合、売電単価を37.8円として20年間の収入を算出すると、約3000万円と非常に優位な投資となる。

企業イメージの向上は、自然エネルギーによるクリーンな発電に貢献しているということで、企業イメージのアップを図ることができることは間違いない。

バローズの太陽光発電と電力買取制度について

太陽光発電により発電した電力は、電力会社に売ることができる。

一般家庭での設置でも自宅で使用した余りの電力を買い取ってもらう制度があるが、バローズの太陽光発電のように事業用として発電した電力は発電した電力の全量を買い取ってもらえる制度がある。

全量買取制度は、例えば工場での電力は電力会社から購入して、発電した電力は、電力会社へ全量売ることができる仕組みである。

バローズの太陽光のページ

全量買取制度が適用されるのは、ソーラーモジュールの総出力が10kw以上であり、基本的には、専門の事業者が設置した太陽光発電システムやマンションなどの集合住宅や工場や学校などの屋上や屋根に設置したものなど、ある程度の面積を確保できる場所があるところが対象となっている。

バローズでは、この全量買取制度を活用して投資や節税に役立てるように、主に九州地方の土地を確保してソーラーファームとの愛称で呼ばれている太陽光発電システムを企画から保守まで一貫したシステムを提供している。

全量買取制度によると投資の利回りが良いため、非常に人気の商品となっている。